創造とタイムリーな行動--一般社団法人日本雷保護システム工業会
JLPA
 
  JLPAとは JLPAの事業内容 工業会会員 雷保護対策 雷対策相談 入会申込み 用語解説
雷について 雷についての“お話し” 内部雷保護システム及び機器の雷サージ保護システム
雷電流(雷サージ)の侵入・流出経路 雷被害対策の概要
雷による被害実態:避雷設備工事費 外部雷保護システム 雷被害対策例
事務所ビル 工場 ゴルフ場 一般住宅
8、雷被害対策例
 雷被害対策とは、直撃雷(落雷)から人命及び建物・設備を保護するための“外部雷保護システム”と“内部雷保護システム”並びに落雷時に誘起する電位差及び引込み線等を通じて建物内部に侵入する雷サージ(雷による異常電圧、電流)から電子機器等を保護するための“機器の雷サージ保護システム”を統合してシステム的に等電位化を図り、被保護物全体を落雷の被害から保護する対策を総称します。
事務所ビル
[概要説明]
事務所ビルには、直撃雷から建物等を保護する“雷保護システム”を設置するとともに、建物内部に設置されている重要な事務処理用コンピューターシステムまた通信装置等を、落雷時に誘起する電位差及び建物内部に侵入する雷サージから保護するために“機器の雷サージ保護システム”を設置し、総合的な“雷被害対策”を構築する必要があります。その一例を下図に例示します。
雷被害対策事務所ビル例
このページのトップへ
| お問い合せ | プライバシーポリシー |サイトマップ |
Copyright (C) 2007. Japan Lightning Protection System Industrial Association All rights Reserved.